静岡民家の会



2月の例会のお知らせです。

◇ 2月の例会
 
特別企画 「俳句を学ぼう、一句ひねろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時  2月24日(土) 午前10時から午後3時

場所  岡部町 桂島 茶房なずな亭  054-667-4175

    ・なずな亭は山間に立つ古民家を再生したところです。

会費  会員 2000円  会員外 2500円   (昼食代含みます)

持ち物  筆ペン もしくは  筆、墨など  (短冊は用意致します)

申し込み 静岡民家の会事務局  053-67-5666  TEL・FAX共
       ※事務局はボランティアです。不在する日があります。お手数ですが
        その場合は翌日改めてご連絡下さい。

□ 講師は静岡市在住の俳人、恩田侑布子さんです。恩田さんの俳句は、韻律の取り方、季語の働かせ方も俳句の可能性を追求する意思に支えられていると評されています。女性ならでのやわらかさもその魅力のひとつです。(俳句工房ZAより)日本独自の詩型でありながら日本人の私たちにとっても奥の深い俳句。
恩田先生のお話を聞きさて、私たちも一句、と思ってもなかなか難しいかもしれません。
先生の手ほどきをいただきながら初めての方も日本文化にチャレンジです。
立春のと言ってもまだまだ寒い日が続く1日を”俳句気分”で過ごしてみましょう。
恩田先生は静岡民家の会の役員さんでもあります。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
# by sizu-min | 2007-01-20 23:06 | ・活動内容、予定、お知らせ

1月の例会  昔遊びとおもちつき


あけましておめでとうございます。
本年も古民家と触れ合いましょう。

◎今日はお天気も良く穏やかな日でよかったです。藤枝の古民家に集りおもちつき、たけうま作り、かるた、すごろく、百人一首などで懐かしい時間を過ごしました。
f0058623_22104439.jpg













おもちはあんこもち、黄な粉もち、大根おろしからみもちなど会員さんは作る人食べる人大賑わい。出来立てはおいしい。
せいろからうすのへ、そしてペッタンペッタン、手際よく美味しいおもちに仕上がっていきました。
f0058623_22174963.jpg

f0058623_22193676.jpg
手作りの遊び道具が少なくなった。スピードのある遊びが多くなった。一人の遊びも多くなった。
        遊びや食事もこんな風にみんなで楽しむ、古民家のある暮らしです。
[PR]
# by sizu-min | 2007-01-20 22:09 | ・例会報告

2007年1月の例会  暮らし体験

■ 暮らし体験 「餅つきと昔の遊び」

 日時  1月20日(土)
 
 場所  藤枝市西方  宮川さん(会員)のお宅をお借りします。

 ※お餅をついてお餅をいただいて、すごろく、カルタ、メンコ、羽根つき
   童心に返って遊びましょう。

お申し込み・お問い合わせ
    TELL・fax  静岡民家の会  0543-67-5666
             事務局はボランティアです。不在の日があります。
             
[PR]
# by sizu-min | 2006-12-01 14:26 | ・活動内容、予定、お知らせ

11月例会は静岡俵峰で地元食を楽しみました。

f0058623_2324487.jpg
◆安倍川を上っていくこと40分、郷島を過ぎたあたりで右折、霧に包まれた山道を車をさらに進めると俵峰に到着する。途中、熊に注意の看板があり、やはりここでも熊さんが里まで下ってきてるのかな。
今日は会員の佐藤さんの俵峰の古民家でししなべを中心にひえご飯と俵峰の食材料理で昼食会です。








f0058623_2333948.jpg
地元のサトイモや山芋そして野菜の煮物、さらに鹿肉の刺身と骨の荒煮。盛りだくさんの手料理は囲炉裏の煙も手伝って、雰囲気と美味しさ倍増です。中でもサトイモはしっかりつまったというか、しまっているというのか一味違います。七輪の上のサトイモは炭火で香ばしさが格別。














f0058623_2342496.jpg外では雨の合間をぬって男性人が薪割り作業。「そうそう、思い出したよ。この力加減」、、、、
f0058623_2355596.jpg俵峰の古民家は、補強をすこしやってある程度であまり手を入れてない状態。再生民家より囲炉裏は自然でなじんでいる。囲炉裏の煙は小屋裏をめぐって妻壁の通気口から抜けていく。霧と煙で里山気分を満喫。早くから準備してくださった地元の皆様、本当に有難うございました。
[PR]
# by sizu-min | 2006-11-11 23:02 | ・例会報告

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展

■静岡民家の会として参加させていただきました。今年で2回目です。

f0058623_22474831.jpg10月20.21.22と静岡民家の会の活動や民家再生の紹介、古民家の建具や生活道具なども展示いたしました。毎年、町は全国からの芸術家が民家を借りそれぞれの作品を紹介しています。町並み保全と地域活動が根付いてますね。今年も多くの方がこの小さなまちに足を運んで下さいました。




f0058623_2248726.jpg

今年も持ち込んだ、古民家の建具が会場をもり立てます。
[PR]
# by sizu-min | 2006-10-28 22:49 | ・活動内容、予定、お知らせ

民家に触れるバス旅行

■■10月の例会はバス旅行です。
今回は農家住宅が移築され保存されている、神奈川の川崎民家園と旧白州邸「武相荘」を見に行きました。
f0058623_9252215.jpg参加者は42名、みなさんの興味の程が伝わってきます。

皆さんからの会報誌「ほぞ」への投稿お待ちしています。









f0058623_930282.jpg
[PR]
# by sizu-min | 2006-10-19 09:22 | ・例会報告

10月、11月、12月の活動予定

■今年も残り少なくなってきました。活動予定をお知らせします。

・10月   民家を訪ねる旅行  10月14日(土)
                       川崎民家園と武相荘を訪ねて

       遠州横須賀ちっちゃな文化展 参加  10月20,21,22、


・11月   俵峰の古民家で地元食を楽しむ会  11月11日(土)

・12月   年末交流会   静岡市で  12月3日(土)
[PR]
# by sizu-min | 2006-10-16 14:46 | ・活動内容、予定、お知らせ

9月例会 移築再生現場見学

◆3月の例会で移築前の解体中の古民家を見学しました。今回は移築し再生中の工事現場を見学しながらの見学会です。屋根が葺き上がり壁に荒壁がつき、外回りの建具下地を大工さんが工事中です。f0058623_1429173.jpg参加者は約35名、30分ほど現場を一回りしその後、車座になって自己紹介を行いました。















人数が多いのでそれぞれが古民家に寄せる思いを語っていただくだけで1時間が過ぎていきました。会員同士知り合うことで会が盛り上がっていきますので大切な時間ですね。ここは会員のハイホームス杉村さんが古民家を通じた生活研修体験の場として移築しているとのことです。藤枝大沢地区は崖地の指定を受け徐々に家が壊され住民の方は村を離れていっています。里山の基本集落が消えかかっているのです。その中の一軒が春に壊されると聞き、移築することでこの村の古民家が残せる、そう考え譲り受けて移築しているそうです。再生の工事過程を肌で感じていただくことから古民家の様々な可能性を感じていただいた例会でした。f0058623_14341729.jpg
[PR]
# by sizu-min | 2006-10-16 14:26 | ・例会報告

8月例会

8月例会報告。 8月26日に遊木の森(日本平)にて、竹を使った生活用具を作る会が開かれました。
まだ出来て間もない施設とのこと。里山の良さを伝えるための施設だそうです。f0058623_23381241.jpg森林インストラクターの中川さんに色々解説いただきながら、里山に想いを寄せました。
f0058623_23411938.jpg










今日はここで、竹を使ってお椀、お箸をつくり、自分の作ったものでお昼を頂くのです。
竹を切り出し、お椀は節毎に切って、お箸はみんなに材料を配れるよう割って、小刀で削りだしました。
竹の筋に沿って刃を入れると、思ったより簡単に削ることができました。作業自体はわりと簡単でしたが、2本のお箸を同じ具合に作ろうとしても、思うようにはいきませんでした。あまりにも食べづらいのは辛いなと思ったので、上手く使えそうか少し試してみて、よしとしました。f0058623_23392562.jpgf0058623_2343336.jpg皆さんの作ったものを見ていると、民家の会は、かわりものの集団かしらと思いました。これ私のです、といわんばかりのこだわりの器がいくつもありました。
作業中に用意していただいた豚汁と、お弁当でお昼を頂きました。
大鍋で作る豚汁はよけいに美味しく感じるのは、私だけでしょうか?
緑に囲まれて、大勢で丸くなって食べる。これも美味しく感じた理由でしょう。
事務机で純情きらりを身体をひねって見ながら食べる。そんなお昼と比べると、最高の時間でした。ご馳走様でした。
お天気にも恵まれ、外で手作業をする気持ちよさを思い出しました。
すっかり楽しくなってしまい、一番最後まで作業をしてしまいました。
施設をお貸しして下さった皆さん、ありがとうございました。
このブログのためにモデルをして下さった皆さん、ありがとうございました。
ちなみに、ごく一部の方が気にしているであろう、ペットボトルホルダーの結末は秘密です。
ここでは書けない結果に終わりました・・・。
どうしても知りたい方は、また民家の会でお会いしたときに。 森
[PR]
# by sizu-min | 2006-09-04 23:31 | ・活動内容、予定、お知らせ

7月例会 先人に学ぼう 瓦編

f0058623_2231418.jpg藤枝渡辺瓦さんにお邪魔して瓦のお話を聞き、又かわら粘土を利用して器を作りました。










f0058623_2234129.jpgf0058623_22345160.jpg











鬼瓦の製作じの苦労や歴史等を説明して頂きました。後継者の問題は、どの職人の世界でも同じですね。
詳細は改めて書き込みます。
[PR]
# by sizu-min | 2006-08-22 22:23 | ・活動内容、予定、お知らせ


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧