静岡民家の会



<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年2月例会

2012年2月11日(土)
 立春は過ぎたのに、今年の余寒は厳しくまだまだ春色の衣服も着る気分になれません。しかし、さすが「民家の会例会」!お天気に恵まれました。このところ続いていた雨は上がり暖かくなりました。よかった!
 集まった会員さんは30名以上。これから入会をとご予定いただいている方の参加もあり、にぎやかな充実した例会になりました。
 毎年総会でお世話になるSさまのご案内をいただき、普段は立派な門構えと瓦屋根を見るだけだった、焼津市浜当目の旧家H邸の邸内まで拝見できる機会を得て嬉しい限りです。また、現在はご当主がお住まいでないH邸の管理をなさっているKさまにも大変お世話になりました。Sさま、Kさま、そしてHさまに心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
 家は伝統的な田の字造りで、代々住まわれた方々の暮らしの歴史もあらわしています。見事な梁を見上げる玄関は、建築当初は土間だったものと思われますが、框をつけ洋風の応接間にしつらえられていました。梁はもちろん、框の木も床板も地元の木を使ったものと思われ、どっしりしています。座敷は二間続きで、間の欄間の細工も見事でした。柱、釘隠しに至るまで一流の技のものでした。
 また敷地内のお庭、文書蔵やみかん庫などもご案内いただき外観も拝見しました。H邸は古くは塩庄屋を務めたお宅で、静岡大学のH教授などにより古文書の研究もされていると聞いています。
 現在はお住まいになってはいなくても、管理が行き届いており痛みなどは見られませんでしたが、さらにこの建物を次の時代にもつないでいってほしいと思いました。

 H邸にお礼を申し上げて、次の目的地、花沢の里に向かいました。奈良時代から平安時代に栄えた「やきつべの道」…細い川沿いの道に長屋門造りの民家が並ぶ静かな里でした。三々五々、軒先の無人販売のみかんや椎茸を買ったり、民家をカフェにしているところでパンやケーキを求めたりしながら、登っていきました。万葉集の歌碑を見、水車小屋の風情なども楽しみました。
 平安時代のものと伝えられる観音像にお参りして、桜の時期に来てもいいねと木々を見上げている会員さんたち…みなさんゆっくり春の訪れを待つ…そんな午後の時間になったのではないでしょうか。

                                   ky。
 
[PR]
by sizu-min | 2012-03-10 15:40 | ・例会報告

2011年11月例会報告

大井川流域を巡る                2011年11月13日(日)

  東海道の宿だった地を訪ねる例会も催していますが、今回は川の流域を巡る例会を企画しました。静岡県の河川は、西から天竜川、大井川、安倍川、富士川、狩野川などが大きな川ですが、今回は「越すに越されぬ…」と歌われた大井川の流域を巡ります。川は私たちの暮らしにどんな風に関わっているのか…それは家の造りなどにも影響しているはずです。
 まず「世界一長い木造歩道橋」としてギネスブックにも載っている「蓬莱橋」を訪ねました。今年の台風は県内でも猛威をふるいましたが、蓬莱橋の橋脚も台風15号で流され現在工事中で向こう岸まで行くことはできません。
 ここでは、大井川の流れが長い時間の中で変遷してきたお話などを聞きました。また、明治時代にこの橋を架けた人々の思い、その後今に至るまで橋守りの人が居て渡し賃を徴収していること、そして、なんと!民家の会会員のMさんのおじいさまが渡し守をなさっていた…などを伺い、どこへでも訪ねていって、お話しを伺うことの大切さと楽しさを感じました。

 次に川越遺跡を訪ねました。江戸時代、大井川には橋は架けられず、急な流れを渡るには手助けが必要でした。1696年(元禄9年)に川越制度ができ川越しの仕事を管理運営するトップとして、川庄屋がおかれました。そしてこの場所に川会所、番屋、札場などが立ち並んだ跡が保存されています。当時使われたものなども展示されていますが、会員さんの関心は、もっぱら建物の羽目板の向きや古い電話ボックスなどだったのがおかしかったです。
 大井神社の近くに残る「舟形屋敷」は水害を防ぐための知恵でできあがったものだそうです。また、大井神社参道の石垣は川越し人足たちが帰路にひとつひとつ持ち帰った河原石であること、江戸時代の「時の鐘」がある大善寺に残る川留めの時のお話など、大井川流域ならではの話も聞きました。
 次に向かったのは、稲荷町にある北河製品所です。明治29年創立の化学工場で耐火性のために煉瓦で造られています。事務所は木造で大正5年の建築。休日のため、敷地内見学をお断りされてしまったのが残念でしたが、思いがけない美しさにみな感嘆しました。
 武田信玄が創案したという「大聖牛」も見に行きました。木を組み蛇篭(じゃかご)に石を積み、河岸に置くことによって、洪水の力を弱めるものだそうです。川に向かって、牛が立っているように見えるからこの名前がついたんですね。

 バスの中で、A講師から、大井川のあたりの地面のお話を聞きました。地球の成り立ちについて言及する壮大なスケールの大きいお話でみんなびっくり! 山の力、川の力、地球の歴史に思いをはせたところで川原におりて石を拾いました。「あ、これは何億万年前の石かしら…海底が隆起して…火山が爆発して…ここに来て私が拾うのかしら…」とみんな口々に言いながらの石拾い。色紙に貼ってのMy標本作り。「頁岩」「蛇紋岩」「チャート」などなど…童心に帰って(!?)楽しかったです。A先生、ありがとうございました。

 すわ、自分たちが「民家の会例会」に来ていることを忘れてしまいそうになったところで、もとい…民家の会らしく「河村家住宅」を訪ねます。河村家は島田市の文化財に指定されていて、江戸時代に幕府直轄の山林を管理する「御林守」だった家です。山を背にした茅葺寄棟造りの主屋に向かうまでの石垣も見事なものでした。現在、屋根はトタンに覆われていましたが、茅葺きを維持するのはやはり大変なことなのですね。
 すぐ近くにお住まいのご当主の河村さんにお話をうかがいながら邸内も見学させていただきました。場所柄、湿気も多く屋敷の保存にはご苦労なさっているということでした。

 この例会は「しずおか流域ネットワーク」のみなさんと共催で行いましたので、家や暮らしの歴史を川の流域の中で捉えることもでき、なかなか面白い例会となりました。他の川の流域でも実施してみたい企画です。
 次回はもっとたくさんの方々のご参加をお待ちしています。

                                     ky。
[PR]
by sizu-min | 2012-03-07 16:08 | ・例会報告


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧