静岡民家の会



<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


5月例会報告

古民家で、日本伝統の技に触れてみよう…一閑張り
2009年 5月10日(日)
さわやかな5月の風に誘われて、民家の会例会でも芸術の風を吹かそう…という訳でもないのですが、「日本伝統の手技」に挑戦してみました。
「一閑張り」です。昭和の家庭には、屑篭とか、炭入れとか一閑張りの物がありましたね。竹篭に反古の和紙を張り重ね、その上に柿渋や漆を塗っています。丈夫さが増し、独特の風情が醸し出され、さらに墨で一筆して、アートになっているものもありました。上書きしなくても、反古紙に元もと書かれていた、例えば「大福帳」などの文字が雰囲気を出しているのですね。
静岡市北部の山里・俵峰に、民家の会スタッフの佐藤さんが所有する古民家があります。そこを、この創作会の会場に選びました。俵峰に向かう道は、実は有名な九十九折り(つづらおり)の茶園の道です。「静岡県棚田百選」にも選ばれています。新茶の季節、道の両側の段々畑ならぬ段々茶園は天に続くほど、そして光るような緑一色。家族総出の茶摘みの真っ最中でした。その景色を楽しみながら、そして本当にこんなに登ったところに家があるのかしらと不安も感じながら、俵峰の佐藤邸に到着。のどかな良い集落の、築100年程の民家です。手を入れてないように見えて実は凝って手を入れているとの佐藤さんのお話でした。
出席者は20人。講師は民家の会会員のOさんです。民家の会会員の多芸多才に感謝です。まず「一日で完成させるのは無理」とのお話。「じっくり乾かしながら作るものです」そうですよね。芸術は一日にしてならず。
f0058623_19584780.jpg

Oさんの指導のもと、みんな熱心に手順をこなします。竹籠の表面をまずやすりで削って、隠し業のOS(秘密)を塗って秘密の糊を塗ってと進めるのですが、まあ、器用な方、大雑把な方、緻密な方と、普段の民家の会例会では見られない性格まで露見しますね。また、民家の会会員は骨董好きの方も多いのですが、貼る和紙用に、スタッフの松永さんが用意した大福帳の興味深かったこと。どうも藤枝付近の庄屋にあった年貢米の管理のための土地台帳らしく、思わずみんなで読みあいました。昔の人は墨の字が上手です。びりびり破くのはもったいないような気もしましたが、私たちの手によって芸術に進化させますから…(?)ということで、破かせていただきました。
f0058623_19592093.jpg

自然の風で乾かすという工程も重要。薫風吹く古民家の縁側にずらっと並べて乾かします。それぞれとても個性的で、ひとつとして似通ったものはありません。この後はさらに和紙を張り重ね、持ち帰ってさらに2,3日乾かしてから柿渋を塗ることになりましたが、完成した作品も見てみたいな、と思いました。
Oさん、丁寧なご指導をありがとうございました。
f0058623_19593570.jpg

日本の伝統の手技のうち、私たちでも体験できるものには挑戦して、良さを再確認し、伝統を守る姿勢を保っていきたいと思っています。
他にもこんなものがある、こんなことにも目を向けようというご意見がありましたら、是非「静岡民家の会」事務局までお寄せください。     (ky。)
[PR]
by sizu-min | 2009-05-25 19:59

6月 年次総会のご案内

6月
年次総会のご案内
民家を学び、体験し、さらに古民家を残し次世代につなげていきたい…そんな思いで平成14年に発足した「静岡民家の会」はこの月で、丸7年になります。毎年6月に年次総会を開き、活動の振り返りや今後の企画の話し合いなどをしています。
会場に安倍川の西岸の旧家S様邸をお願いしました。近々登録文化財の指定を受ける、昭和初期までに建築されたお屋敷です。午前中にご当主のご案内で邸内を見学させて頂きます。(個人のお宅ですので、勝手に見学することは禁止させていただきます)
お昼は、両側にお庭の広がるお座敷での会食。地元の農協婦人部手作りのお弁当を予約します。
午後は、講演会です。講師には常葉学園大学造形学部准教授・土屋和男先生をお願いしました。
NHKテレビの建築の番組や静岡新聞の連載もお持ちの新進気鋭の先生です。各地で調査した家の画像も見せていただきながら、なぜ私たちが民家に魅かれるのか…などを解き明かしてくださることでしょう。講演会には、会員外の方も参加できます。どうぞお友達もお誘いになっておいでください。

日     程 : 平成21年6月14日(日) 
        午前10時~受付 10時15分から揃って邸内の見学をします
        11時 開会… 挨拶・活動報告・会計報告・活動計画・予算など
        12時  会食
        13時~ 午後の講演会 受付
        13時半 講演会 講師:土屋和男先生(常葉学園大学)
        演題:「田舎家という美意識」
        15時15分  閉会
会     場:静岡市葵区 S様邸(参加申し込みの方に地図を送付します) 
講 演 会 会 費:会 員 は 無 料  /  会 員 外 1,000円
昼     食:地元の野菜などを使った「生消(せいしょう)菜(な)言(ごん)弁当」1000円 
(予約のみです。必ず6月2日までにお申込ください)
[PR]
by sizu-min | 2009-05-25 17:14

4月例会報告

岩崎芳生さん特別講演会「生活で楽しむ骨董②」

平成21年4月12日(日)
藤枝市西方の「青野さんっち」は、静岡民家の会スタッフ・杉村喜美雄さんが移築を手がけた古民家です。移築のきっかけ、過程については、何回かお伝えした通り…大沢川の流れるこの地で、新たな時間を刻み始めた「青野さんっち」は、民家の会例会を始め、人々が集まる催しの会場として使われています。
ここで4月12日に、民家の会役員の岩崎芳生さん(作家・静岡市在住)の特別講演会を開きました。演題は、「生活で楽しむ骨董②」…昨年の①も大変好評でした。②の今回は李朝の骨董のお話ということで、家で使っている!という李朝の酒器、皿など何点かを持ってきてくださいました。

青空の下、空気の美味しい里に集まったのは、26人。佐野会長も先月に引き続いての参加です。杉村さんが、朝一番に掘った筍(たけのこ)を用意してくれました。青野さんっちの横の竹林の筍は、今年はいのししに先取りされてしまったそうで、もう少ししか残っていないとのこと。さあ、まず、台所の竈に火をおこして筍の下茹でです。大きな、土を固めた2口の竈で、真ん中に余熱利用でお湯が沸かせるよう鉄瓶がついているスグレモノですが、何せ火をおこすのも人力。燃え付きやすい鉋屑にマッチで火をつけるだけで、3,4分もたもたしました(筆者が、です。他の方の名誉の為、明記します)前庭には、臼を用意。そうヨモギやぜんまいを摘みましょう。もち米を一晩水につけてあるので、半分ずつ使って、竹の子とぜんまいを混ぜ込んだ「おこわ」と、ヨモギのお餅を搗いて緑色の黄な粉(抹茶を混ぜて)をまぶした「うぐいす餅」を作るのです。竈は湯気を上げっぱなしです。茹で上がった竹の子を煮付けたり、ヨモギを色鮮やかに茹でて、刻んだり…搗きあがったお餅を「うぐいす」に丸めたり…みなさんの手慣れた、卓越した技能の結集で、2時間弱でお昼ご飯が出来上がりました! 一番不器用なスタッフ(もちろん筆者のこと)は、12時までに出来上がらないかも…と時間設定を危惧していましたが、みなさんのおかげで間に合ってよかった~間に合わなかったら、食事しながらの講演会になっちゃったらどうしようと思っていたのです~お疲れさまでした~。竈周りで頑張ってくださった方、煤の汚れは大丈夫でしたか?私のシャツは煙突掃除人のシャツの様になっていました。
f0058623_20551297.jpg

f0058623_20554677.jpg

f0058623_20561462.jpg

太い梁の通る部屋でみんなで囲んだお膳の美味しかったこと。。。お隣りの骨鶏庵の奥さまが、竹の子の粕汁を作ってきてくれました。ありがとうございました。みんなで、“ゆっくり、たっぷり…”とても豊かな春の味を堪能しました。
おなかの皮が突っ張ると、目の皮(?)がたるむ…って言いますよね。そんな心配をしながら、午後の予定に入りました。まず、佐野会長の京都談義。小路の魅力。店(見世)の奥にずっと土間が細長く続く町屋の話。土間とは言わずに庭と言う。などなど…お話は尽きません。佐野会長の四方山話はとても縦横無尽で面白いのですが、岩崎さんの講演会なのでは…と思い始めた頃やっとバトンが渡されました。フ~ッ。
岩崎さんの骨董のお話はやっぱり愛情が満ち溢れていて、「この傷が、この持ち重りが…」と、美術館のケースに並んでいてもおかしくないものを、日常にお気に入りとして使っている。それを手にとって見せていただけた幸せは、参加した方のみの特典であったと思います。
f0058623_20573100.jpg

みなさん、静岡民家の会例会は充実していますよ。是非万障お繰り合わせてご参加くださ~い。6月の年次総会は6月14日です。この日もとびっきり素敵な講演会を企画しました。ご期待ください!!(近日中にご案内をいたします)。
[PR]
by sizu-min | 2009-05-21 20:57 | ・例会報告


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
・静岡民家の会とは
・活動内容、予定、お知らせ
・事務局日誌
・会員日誌
・古民家情報
・例会報告
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧