静岡民家の会



<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


民家の会で自分発見  2月24日土

■2月例会は恩田先生をお招きして俳句について勉強しました。
楽しい俳句 特別講座・静岡民家の会 「俳句を学ぼう、一句ひねろう」

場所は岡部町の古民家を再生した茶房「なずな亭」です。午前10時から午後3時まであっという間でした。お昼はなずな亭ご夫婦の春の香りがいっぱいに詰まった手作り弁当を頂きリフレッシュ。
f0058623_21544141.jpg午前中は恩田先生より俳句の基礎を学びました。
☆俳句の三宝  1.筆記用具 2.歳時記 3.国語辞典
☆俳句ってなあに  3本柱・・・1.定型(五七五) 2.季語 3.切れ。
☆名句を味わおう  人生の妙味がわかるM、楽しみが増える。
☆案ずるより生むが易し。  1.良く見る 2.取り合わせ 3.省略 
等レジメそって先生の明るい明快なお話が続きました。
先人の例句を紹介解説して頂くと俳句の奥深くそしてとても人間っぽい側面も楽しく理解できました。



先生のお話の中で感銘を受けたことに
俳句は ・ 時間を味わうこと。時間が深くなる。
     ・ 今日は昨日と全く違うことに気づく
     ・ 自分の心が広がる。 
     ・ 自分が深まらなくてはそれ以上に(人生も)ならない。
     ・ 俳句はときめくハートでつくる     などなど。
いろんな示唆を頂き俳句の入り口に立てた1日に感謝です。

f0058623_22201512.jpg昼食の後はいよいよ緊張の一句ひねろうでした。約1時間を頂き参加した会員約20名の方々は、椿や桃、菜の花など里の春を感じに外に出て構想一ひねり。
さてさて、出来栄えは。。。
f0058623_22205699.jpg













f0058623_22211170.jpg岡部の里の古民家で日本の素晴らしい文化再認識の2月静岡民家の会例会でした。
[PR]
by sizu-min | 2007-02-24 21:54 | ・例会報告

第3回しずおか町並みゼミin伊東

2月17日、「第3回しずおか町並みゼミ」が伊東で開催され、事務局2名で参加してきました。県下のまちづくり団体を中心に31団体110人が集まり、伊東の町並みの視察とワークショップ、交流会を行いました。

ワークショップでは伊東の町を歩いた感想、日頃の活動の中で感じていること、まちづくりについてのそれぞれの意見を出し合い、これからの課題について考えました。
交流会ではこれからの民家の会の活動に通じる貴重なネットワークづくりができたと思います。f0058623_1433866.jpg
県内のあちこちでがんばっている各団体の思いの熱さを感じました。「静岡民家の会」という大きな名前を掲げる我々の活動ももう一段階発展していきたいと思います。
ので、会員の皆様、積極的な意見とHOZOへの寄稿をお願いします。

これからの活動の提案、気になる建物・町並み、個人の活動の報告など、お待ちしています。

事務局宛Eメール
minka@matsunaga-sekkei.com


[PR]
by sizu-min | 2007-02-20 14:13 | ・事務局日誌


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
・静岡民家の会とは
・活動内容、予定、お知らせ
・事務局日誌
・会員日誌
・古民家情報
・例会報告
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧