静岡民家の会



10月例会  大井川町に酒蔵を訪ねる


大井川町に酒蔵を訪ねる
f0058623_14101767.jpg


 多々良酒造さんにお邪魔させて頂き、建物保存や酒造りのこといろいろ見せて頂いたり、お話伺ったりでした。
多々良酒造さんは享和3年(1803)創業、7年前に惜しまれながら営業を断念するまで、実に200年近く、大井川の豊かな米と水の恵みで酒造りを続けてきました。母屋の住宅は明治の建物、大きな梁や繊細な彫りや細工の欄間や建具が先人の仕事を伝えています。
f0058623_14355094.jpg

周囲をぐるっと廻ると、なまこ壁が残る作業所や貯蔵所はその美しさをそのままとどめています。ただ、時の流れと共に、屋根の老朽化が進み、雨漏りが悩みの種になっているとのことです。
f0058623_1411752.jpg
f0058623_143667.jpg
f0058623_1437508.jpg

ご主人に酒造りの歴史や手法、素材や味のことまで色々お話していただきました。
丸竹をそのまま子舞とした荒壁は貯蔵倉庫の躯体にはなくてはならないものです。丸太張りは人の腕2周りもありそうで、大きな2階の床を支えています。
f0058623_1437121.jpg

酒造りをやめた後はこの素晴らしい建造物は、その行方に関心が寄せられるものの、古民家一様に課題とする維持管理費用に頭を悩ませることのなります。

志太には未だ多くの酒造りが残っています。多々良酒造さんの復活を祈りながら、あるいは
この素晴らしき歴史が上手く繋がっていくことを願ってやみません。
私たちもアイデアを出しましょう。
多々良様、ありがとうございました。
f0058623_14382852.jpg

[PR]
by sizu-min | 2007-10-20 13:57 | ・例会報告
<< 9月例会の・・・続き 9月例会報告 >>


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
・静岡民家の会とは
・活動内容、予定、お知らせ
・事務局日誌
・会員日誌
・古民家情報
・例会報告
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧