静岡民家の会



静岡民家の会平成24年度年次総会

平成25年6月9日(日)

 梅雨入り宣言が出されているにも関わらず、晴天の日曜日になりました。
静岡民家の会は毎年、年次総会を開催し、1年を振り返り次の1年への共通理解を持つことにしています。ここ数年は静岡市葵区のS邸を会場にお借りしていますが、ビルの一室ではなく登録文化財のS邸のお座敷で総会を開催できることは静岡民家の会の理念にも合っていますし、元々はSさまがスタッフの佐藤さんのお友だちであったことから会場にお借りできるようになったわけですが、2002年に発会した静岡民家の会が10年続いてきたのもそういった人と人とのつながりを大事にしてきたからではと思います。

 人も家も永遠の生命があるわけではなく、この10年の間にもいろいろなことがありました。例会で見学した家が跡形もなく取り壊されたり…熱心に例会に参加していらっしゃった会員さんが子育てや介護などでご参加がご無理になられたり、ご自身が病気になられて…などなどいろいろなご事情があり、最近お顔を見ない方々はどうなさっていらっしゃるかしらと思いながら、今年も総会の準備を進めてきました。また今回は、会員のみなさんにご投稿をお願いして『静岡民家の会10周年記念誌』を発行することになりましたので、その発行日を総会の日・6月9日にしようと編集作業も進めてきました。

 いよいよ6月9日。今年もご当主のSさまがお庭まで美しくしてくださり、いつもながらお茶のご準備までしてくださって感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。
 式次第は、まず佐野つとむ会長のご挨拶に始まりました。佐野つとむ会長の本業である体文協は50年になるそうです。
 さて、静岡民家の会総会のメインはこの1年間の活動報告と会計報告です。毎月さまざまな企画を立て、実行してきた例会のこの一年間の振り返りを会員のみなさんで共有すること、そして、みなさんに支払っていただいている会費をどのように使っているかの報告をすることです。これをふまえて、新しい年度の活動計画のたたき台をお話します。これは、静岡民家の会スタッフが会議を開いて話し合ってきたもので、今回は平成25年の12月までの計画案を作ってきました。現在、スタッフ会議は、松永さん、杉村さん、中川さん、本さん、望月さん、中川さん、古屋、五味で開いています。元スタッフの佐藤さんにご提案いただくこともあります。スタッフみな本業のある身ですが、時間を繰り合わせて知恵を絞って企画を考えています。更に会員のみなさんのご提案やご助言をいただいてより良い例会にしたいと思っています。

 今回、佐野つとむ会長より会員アンケートをとるようにとのことでしたので、会員さんはじめ休会中などの方々にもお手紙をお出ししました。そのお返事がきたものも提出しての話し合いを行いました。例会の回数は今まで通りで良いというご意見の他に、2ヵ月に1回にしたらというご意見もありました。これについては、今年の12月までは月1回を続け、その中でご意見を更に集め検討していくことになりました。会費や例会費については、例会費を上げて年会費を下げるのは反対というご意見が多数でしたので、今まで通りとすることになりました。

 午後は、世界中で活躍なさっている石工の左野さんの講演会です。その前のお昼休みは「S邸のお座敷でお庭を眺めながらこのお弁当を食べるのが楽しみ♪」という方々がたくさんいる『清少納言いえ生消菜言弁当』を美味しくいただきました。地産地消の材料を地元の農協婦人部の方々が手作りしてくれるお弁当ですから身体にも心にも美味しいのは当然ですね。食事しながらのお話で「静岡民家の会、楽しいですよ、スタッフと一緒に盛り上げていこうと思ってますよ」とのお声をいただき、たのもしく、うれしく思いました。また、会の終了後に新たにご入会を決断いただいた方々がいらっしゃったこともうれしかったことです。どうぞよろしくお願いいたします。

 例年、総会後の記念講演会は、会員さん以外にもご参加を呼びかけています。アンコールワットの修復なども手がける左野さんのお話を聴きたいという方々でお座敷は満員になりました。たたきあげの石工です。とおっしゃる左野さんの熱意あふれるお話にみな聴き入りました。15歳で石工の弟子にはいり、数年後に単身ヨーロッパに渡って修業したという左野さん。お若い頃からずっと一貫してお持ちのものがおありということが胸にしみました。お話を伺った会員さんたちの思いもお聴きしたいと思います。次回の「ミニほぞ」に掲載させていただきたいと思いますので、ぜひ事務局までご感想をお寄せ下さい。お待ちしています。
f0058623_180376.jpg

 会の終了後は、有志の会員さんたちがフットワーク軽快にお掃除やお片付けを手伝ってくださいました。仲間っていいな、うれしいなと思います。実はこの日に始めて参加してくださった会員さんが「みなさんに」と持ってきてくださったトマトがあったのですが、お分けするタイミングがありませんでしたので、お片付けを手伝ってくださった方々にお土産にお持ち帰りいただきました。ありがとうございました。
 最後に古屋と五味は、みなさまのおかげさまで総会が無事終了した感謝の気持ちを込めて、Sさまにご挨拶し、S邸を後にしました。

 

               静岡民家の会事務局スタッフ 五味・古屋

この総会を区切りとして事務局スタッフがかわります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
                      
 
[PR]
by sizu-min | 2013-06-10 12:46 | ・例会報告
<< 7月例会のご案内 餅つきのおしらせ >>


古民家を愛し古民家のある暮らしを大切にしていく、  静岡民家の会
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
歴史を刻んだ家1 《遠州..
from モッタイナクテ =親ばかでド..
ふるさとの家安森
from 南予の古民家再生プロジェクト..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧